専業主婦 苦労

PTAの役員になってしまって・・・
PTAの集まりがあるから・・・

 

お子さんを持つ家庭のお母さんであれば子供が学校に通い始めると
こういったことはごくごく普通にあるといっていいかもしれません。

 

しかし、最近は共働き傾向もあってPTAという活動とどう付き合って
いけばいいかということについてはなかなか難しいところがあるかもしれません。

 

 

 

そもそもPTAとは

PTAはParent-Teacher Association の略です。親と先生の共同組織、
といった感じでしょうか。

 

そしてポイントはこれがボランティアであることです。営利組織でもなければ
NPOでもありません。ボランティアなのです。

 

しかし、子供の教育というのはどの親も興味があります。当然ですよね。
そしてなぜかこのボランティア組織が持つ影響力、活動範囲が広いのです。

 

学校が絡みつつさらには地域が絡んでもPTAが出てくることがあります。

 

運動会や合唱際など学校行事の運営のお手伝い
バザーやお祭りなど、学校や地域のイベントの運営や手伝い
古切手やベルマークを回収して学校に必要な物を購入
登下校時の子供の安全や放課後の防犯のための地域パトロール

 

全ては子供の教育と安全のため。それをボランティアで行うのが
PTAということなんです。

 

専業主婦はPTA役員になりやすい?

そんなPTAですが、専業主婦が役員になりやすいという傾向があるようです。

 

おそらくこれはPTAという古い形態の組織と共働き世帯の増加という新しい
時代の流れのアンマッチの結果なのではないでしょうか。

 

というのもそもそも以前は専業主婦ではないお母さんの方が珍しかったのです。
もちろん共働きだったりシングルマザーもいたとは思いますが、今よりは数が
圧倒的に少なかったでしょう。

 

だから多くが専業主婦、という前提だったのです。
しかし、今はそれが崩れてきています。

 

また、専業主婦はどうしても時間の融通は利きやすいです。
仕事をしている人と比較したら、ですが。

 

その点を、結果的にはうまく使われてしまっている部分はあると思います。

 

専業主婦はPTAとどう付き合っていけばいいか

学校の先生とも協同する必要があると思いますが、まずはPTAの役割を
もっと見直していくことは必要でしょう。

 

PTAは実は参加が自由です。参加しなくてもいいのです。しかし参加しないと
子供が何かと不便になったりと同調圧力もあるといいます。

 

そういったことをまずはなくしていくとともにPTAの役割を見直す必要はあるでしょう。
というのもその担い手である親の生活スタイルが徐々に変わってきているからです。

 

ここに気づいてもらわないと、PTAは専業主婦に押し付ければいい、というものに
なってしまいます。

 

PTAは本当に必要なものなのか。
必要であればどのような役割を担うべきなのか。
そしてそれを支える親はどのように関わるべきなのか。

 

こういったことを見直していくべきでしょう。

 

page top